中医学

2019年3月15日 (金)

寒暖差によるエネルギー不足


花粉症?風邪?
どっちか分からない。
サラサラした鼻水が....

このような症状の方が先週から多いように思います。
朝晩と日中の気温差、暖かいが風は冷たいなどの寒暖差によるものかもしれません。
人は温度調節することで体のエネルギーが使われています。
その花粉症のような?風邪のような?ものは『寒暖差アレルギー』や『エネルギー不足』かもしれません。

季節の変わり目は体調を崩しやすく、春は特に多くあります。
体も心もお肌も....
憂鬱になり、テンションが下がったり....
【肝】の性質の方は特にお気をつけください。
自律神経やストレスに弱くあります。

桜を見に行こう!と出かけたもののブルッとふるえる。
厚着したものの汗をかき体が冷える。
春は難しい。
そして風邪をひきやすい。

花粉症だと....
・目の痒み
・鼻水
・鼻づまり
・くしゃみなど

風邪だと....
・鼻水
・鼻づまり
・くしゃみ
・咳など

寒暖差の時期は....
人それぞれではありますが。
・サラサラの鼻水
・咳
・肌荒れ
・湿疹
・頭痛
・めまい
・耳鳴り
・だるさ
・自律神経失調など

寒暖差→寒暖差アレルギー&エネルギー不足を甘く見てはいけません。
季節の変わり目だから仕方ない。なんてのも×

規則正しい生活を心がけましょう。
・三食しっかり食べる
・じっくり湯船に浸かる
・ぐっすり眠る
・ストレスや疲れを溜めない

ここでワンポイント!
目元や首元を温めると短時間で副交感神経が優位に立ち、リラックスに繋がります。
・火傷に気をつけ蒸しタオルで目元や首裏を温める
・カイロで首や仙骨を温める

どうやら『寒暖差アレルギー』には特効薬がないそうです。薬に頼らないで済むから逆にいいのかも?

こんな症状ありませんか?
・月経周期がおかしい
・月経周期が乱れている
・不正出血がある
・水っぽいオリモノが増えた
・常に身体が冷えている
・胃腸の調子が悪いなど

はい!アロマセラピーの出番です!
精油には自律神経の乱れを整えたり、体を温めたり、リラックスさせる働きを持つものがたくさんあります。

クラリセージ、ゼラニウム、シナモン、ローズマリー
ラベンダー、マージャラム、ジンジャーなど

症状も香りの好みも人それぞれですので、気軽に相談ください。
これっ!という精油を見つけましょう。

【おさらい】
・きちんと食事をする
・湯船に浸かって全身温める
・体を冷やさない
・ぐっすり眠る
・しっかりと深い呼吸をする
・ホッとする時間を作る
・アロマセラピーを取り入れる

年度末だから忙しくいのは仕方ない。
季節の変わり目だから仕方ない。
と、頑張り過ぎているそこのあなた。
ご自分の体からの声にしっかり耳を傾けましょう。

疲れや凝り、だるさは溜め込まないよう。
少しでも早めにケアしましょう。
体を芯から温め、精油を取り入れましょう。

3月15日。
AICAのお客様で本日がお誕生日の方が6名いらっしゃいます。
おめでとうございます。
3月がお誕生日の方、3月が結婚記念日の方も多いように思います。
おめでとうございます。




| | コメント (0)

2019年3月13日 (水)

香りのお話(フランキンセンス)



いつもAICAブログを読んでくださりありがとうございます。
意味のない内容も多くありますが、感想を伝えてくれたり、メールで送ってくださったり....
・アロマの話をたくさんして欲しい
・ボランティアの話を載せて欲しい
・体のこと、女性ならではの話をして欲しい
・スイーツネタが好き
・風景の写真が好き
・AICAさんのうんちくを聞きたい
・AICAさんのプライベートを載せてほしい
など、いろいろと意見があります。
私のプライベートはちっともおもしろくもなんともなく....
ですが、この1.2年、頑張って載せているような?

今回は『香り』についてお話しようと思います。
香り→もしや?→正解!→長いです!

〇〇のような人。
〇〇のような人が好き。
〇〇みたいな人と合う。

例えば....
太陽のような人。
ひまわりのように明るい人。
月のようにしっとりした人。
チョコレートみたいに癒してくれる人。
パクチーのようにパンチの効いた人。
など。

私は何かと『精油』に当てはめ、『精油』で例えてしまいます。
笑った人は、例えられてる証拠です(笑)

何回もこの話題は登場していますので飽きているかもしれませんがお許しを。
私は。
フランキンセンスのような人。
ローズウッドのような人。
スウィートマージョラムのような人。
メリッサのような人。
ローマンカモミールのような人。
パチュリーのような人。
樹木系の人が好き。
などなどあります。
書ききれません。
あっ。
紅茶みたいな人もミルクティーみたいな人も好き。

フランキンセンスのような人。
フランキンセンスが似合う人。
とも言えます。

何を言っているんだ?
また始まったぞ!
いつも意味の分からないことを?
だと思います。
重々承知しております(笑)

何かと日本人は血液型で判断したり区別したり、好き嫌いを分けたりする人種のようです。
これって日本人だけだそう。
私は血液型は関係なく。
干支で言われる方もいるような?
〇〇年っぽい!やっぱり〇〇かぁ。みたいな。
それよりも【精油の性質や香り】【中医学の性質】が私の中の基準となっています。

中医学は5つに分けますが、ここでは私の好みについて語るのは止めておきます(笑)

新規さんが来られた時、お客様や友人に紹介をされた時、初めて会う方など すぐに『〇〇の性質の人?』とか『あぁ。オレンジのような人だな』『もしかしてペパーミントっぽい?』と分析。
もちろん外れることも多いですが【中医学体質】は◎

AICAにもフランキンセンスのようなお客様は数名います。
第一印象から決めていました!のような感覚?
数年前、あるお客様がはじめて来られました。
玄関先でお出迎えし、ぱっと見、挨拶をした瞬間に『フランキンセンス!』『〇〇の性質!』と。
はい。今でもフランキンセンスのような方です。
この方はアロマカードを引かれるのですが、おもしろいことに?フランキンセンスのカードをよく引いているような....

そんなフランキンセンスのような方から、フランキンセンスの入浴剤をいただきました。
フランキンセンスの精油を湯船に入れることはあってもフランキンセンス本来の入浴剤ははじめて。
感動でした。

袋を開けた瞬間に溢れんばかりのフランキンセンス。
温かみのあるほのかで優しい香り。
お風呂いっぱいにフランキンセンスの香りが広がり至福のバスタイムとなりました。

中東では今でもフランキンセンスを香炉で焚いてお客様を迎える。というおもてなしの伝統儀式が受け継がれ、教会でフランキンセンスを焚かれている国もあるそう。

フランキンセンスの香りを嗅ぐと、心の奥から癒され、深い部分が不思議な感じになります。
私(フランキンセンス自身)はなんでも知っているよ。的な?

『フランキンセンス』が分かる方はいいのですが、わからない方は、名前からして『?』だと思います。
今までに数名の方が精油選びの時に『長い名前のやつ』とか『なんとかキンってやつ』などと言われましたが、フランキンセンスです。
覚えましたか?

フランキンセンスは別名:乳香(にゅうこう)。
樹木から出る樹脂のことで、ミルクのような色をしているからだと思われます。
免疫力、呼吸器やアレルギー、乾燥肌、心の鎮静に役立ち、深いリラクセーションにはぴったりで、甘く優しく温かいですが、気品溢れ芯はとても強い!
何より深い!
少し空気が変わるような?そんな感じです。

デコルテやヘッドマッサージの時、ほんの1滴フランキンセンスを追加したり、付け足すだけで、深〜い呼吸に変わっていきます。
風邪や免疫力はもちろんですが、深く眠らせてあげたい方、深い部分の何かをとってあげたい方にはクールダウン中、フランキンセンスの力を借りることがあります。

アロマボランティアでもぐっと来た方、深い部分の何かを感じた方にはフランキンセンスをよく使い、ウェディングがチャペルの方には、ラストの日にそっとブレンドしたり、ティッシュに1滴つけてお渡ししたり。

決して、自分自分!と前に出ない、出てこないフランキンセンスですが、とても大きな存在。
それほど大切な精油です。

まだフランキンセンスについてベラベラお話したいのですが....

結局、なにが言いたいのか?

私はフランキンセンスが大好き。という事。
たったこれだけ(笑)
そして、フランキンセンスのような人。
フランキンセンスが似合う人。
フランキンセンスらしい人。
が、好きなのです。
と言ってもフランキンセンスっぽくないから....は、ありません。
私自身、フランキンセンスではありませんし、フランキンセンス要素は持っていません。

フランキンセンスはちょっと特別なのです。
染み渡るような?
いつでもフランキンセンスの香りを嗅いでみてください。
その時は、感想を聞かせてください。

| | コメント (0)

2019年3月 9日 (土)

thank you♡


3月9日→39→thank you→サンキューの日♬
なんでも〇〇の日。
ついつい乗っかる。

『thank you』と言えば、先月はバレンタインでたくさんのスウィートなチョコレートをありがとうございました。

・彼氏よりAICAさんのチョコの方が悩んだ
・旦那より格段にいいチョコです(笑)
・旦那より本命です(笑)
・去年からこのチョコと決めていました
など

たくさんの“愛”をしっかりいたたぎ、とろけさせていただきました。
チョコレート大好きですのでとってもhappyでした♡

バレンタインの後は、ホワイトデー。
欧米では『ホワイトデー』はないそうです。
バレンタインの日、アメリカでは男性から女性にチョコレートやプレゼントなどを贈り、イギリスやイタリアではお互いが贈り合うとか?

ですが、私は日本人。
バレンタインの後は、ホワイトデー。
Happy White Day to you♡です。

春の心身は疲れやすく、疲れを溜めやすくあります。
東洋医学では【春】は【肝(肝臓や目など)】を助ける【酸味】のあるものを食べることがよいとされています。

甘酸っぱい(東洋医学)&甘〜い(AICA)お返しとなっております♡



| | コメント (0)

2019年3月 7日 (木)

今月のウェルカムドリンク(2019.3)


今月のウェルカムドリンクは、甜茶(甜茶)。
古くからある薬草茶の1つで、中国では健康茶としてなじみがとても深く、近年、抗アレルギー効果がある。と報告されています。

甜茶(てんちゃ)は甘い。
甜茶の【甜】は【甘い】という意味を持つそう。
独特の甘さがありますので、好みは分かれると思います。

鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目の痒み、集中力低下など辛い花粉症。
甜茶に含まれる『シクロオキシゲナーゼ』と言う酵素が炎症反応を抑える働きがあるとか?
花粉症、アトピー、蕁麻疹などのアレルギー症状の改善にも役立つとか?

本来は、症状の出る2週間〜1ヶ月前から飲み始めるのがいいですが、今からでも。
なんでも早め早めの対策が大切です。

花粉症症状のあるお客様。
甜茶が美味しい!と。
ご自宅でも職場でも甜茶などを飲んでいるそうですが、今年は症状が軽いそうです。
甜茶とペパーミントのおかげです!
と。
嬉しいなぁ♬

【心】と【肺】の体質の方は、アレルギー体質が多いように思います。
鼻や目をかいて肌トラブルを起こさないよう。
特にまぶたは皮膚が薄く敏感ですので、擦らないよう気をつけてください。
目の痒み、肌トラブルが出やすい方は、ローマンカモミールとジャーマンカモミールがおすすめです。


3月はお雛様。
全部、ピンク色のおしぼりにしました。
なかなかスウィートな3月です。


甜茶が苦手な方は遠慮なく。

| | コメント (0)

2019年3月 3日 (日)

耳をほぐして柔らかく


3月3日。
33→耳の日。耳は大切。

デコルテやヘッドマッサージの時は必ず耳ももぐしています。
痛い?
痛気持ちいい?
眠っていて気づかず?

耳が固い、耳を揉まれて痛む場合は、体のエネルギー不足?体が弱っている?と。
いかがですか?

東洋医学では、【耳】と【腎】は深い関係で、【腎】は生命エネルギーを蓄えるところ。
【腎】の状態が耳に現れると言われていむす。
すべてではありませんが....
例えば。
耳が固い場合→疲れ→腎が弱っている→耳や腰の上をほぐし温める。
冷えやむくみが気になる場合→足や背中を摩るのは難しい→耳を摘んで揉む→全身温まる。
など....

耳を揉んだりつまむと急にあたたかくなりませんか?
耳はじんじんすると思いますが、体は温かさを感じませんか?

耳は首や顔、頭に繋がっている大切な部位。
耳や耳の周りを揉んで、つまんで、引っ張って、擦って....
そうすると首や顔、頭などの緊張を和らげることにも繋がります。
表情も柔らく。

耳には100?110?120個?ツボがあると聞きます。
すごい数です。
密集です。
ツボを押すなんてあり得ないほど難しいと思われますので、まずは揉む!つまむ!引っ張る!
耳を触ってみて、冷えていないか?
固くないか?
いつもより痛みはないか?
気になる部分があるようでしたら、その部分を念入りに優しく揉む。
そこに関係する臓器や器官が回復なり、元気になるかな?

耳は音を聞いたり、脳に信号を送ったり、バランスをとったりするなど大事な大事な器官です。
しかもたくさんのツボと繋がっていますので、耳をほぐすことは簡単な健康法の1つと言えます。
耳だって老廃物は溜まりますし、疲れると固くなります。

私は耳をほぐすのも好きなのです。
ふっくらした耳の方や私の指先と相性のいい耳の形の方は、ちょっと長くなったり(笑)
耳の付け根をほぐし流すのも好きです。
その方に合わせ強弱や速さも変わります。

今日は耳のマッサージが長いな。
なんて感じた時は、耳が固い?体が冷えてる?疲れてる?顔色が悪い?顔や頭が凝ってる?などと思っていただければ....

さぁさぁ耳を揉んでつまんでほぐしましょう。
耳もあたたかく柔らかく。
そして耳を大切に....

雛あられ。美味しい♬

| | コメント (0)

2019年3月 2日 (土)

水はどれくらい飲むもの?


1日にお水を何リットル飲めばいいですか?
私は友人の半分も飲めていませんが、飲んだ方がいいですか?
私は一気に飲めないけれど、まわりが飲むように言うのですが....

『水は1日2リットル以上飲むこと』など言われていますが、はたして?

・のどが乾く前に
・のどが渇いたら
・起床時
・排泄の後
・入浴前後
・運動前後
・就寝前
最低限、こまめにご自分のペース・量で飲まれてください。
が、私個人の考えです。

お水の飲み過ぎで、【むくみ】【めまい】【耳鳴り】【だるさ】【頭痛】などを引き起こしてしまうこともあります。

暴飲も含め、水分を取り過ぎた翌日、顔や体がむくみませんか?
自分自身の代謝できる限度以上の水分を飲んでしまったのが原因と言われています。
水分が少な過ぎるとくすむし、多過ぎると浮腫むし...
体は正直?難しい?

水を飲みなさい!
水の飲みすぎはよくない!
水は〇〇L必要!
飲まなくてもいい!
どれがいいのやら....

日頃から、むくみやすい、疲れやすい、冷えやすい、耳鳴りやめまいが起こりやすい方などは、水分の摂り過ぎは気をつけましょう。
摂り過ぎは!です。
摂らないのはダメです!

1日〇〇リットル水を飲む。
それぞれ体質も体格も体重も年齢も異なります。
季節や体調、汗のかき具合いなどでも異なります。
ぐいぐい飲める人。
ちょびちょび飲む人。
いつもは飲めるのに今は飲めない人。
普段は飲まないのに今は飲める人。
それぞれです。
まわりに左右されず、ご自分のお体と相談され、飲まれてください。

中医学で【肺】【腎】の性質の方は、ぐいぐい飲めない方が多いように思います。
チェックシートで【肺】【腎】だった方は、そうそう!と言っているかもしれません。
【肺】の性質の方は、ちょびちょびと飲む方が多く一気に飲めないのです。
無理せず、こまめに水分補給を。
【腎】の性質の方は、たくさん飲むと冷えやむくみが増します。
ですが、飲まないと何かとトラブルが...
こちらもこまめに飲める範囲で飲みましょう。

普段はお水を飲まない方が言われます。
・AICAではお水が甘く感じる
・いつもより飲めるし、美味しい
と。
とっても嬉しいお言葉です。

身体が温まり、発汗し、流れが良くなり排泄もスムーズなので、自然と欲するのだと思います。
お白湯をゆっくり飲み、じっくり体を温めましょう。

お水の味はバロメーター。
美味しく飲める?
甘く感じる?
飲みやすい?
何気に飲みつつ、ほんの少し観察を。

目覚めの一杯のお白湯はとても大切です。
ゆっくり飲みましょう。

| | コメント (0)

2019年1月27日 (日)

冬は黒色を意識しましょう


五臓(肝・心・脾・肺・腎)に色の力を届けましょう。
AICAでチェックシートを行った方は、ご自分がどの性質で、何色か覚えているはず!

さて、冬の五臓は?そして何色?
冬は【腎】【黒】といわれています。

日中はあたたかく、温度差が大きく、夜の冷え込みが強い今日この頃。
やはり冬といえば『冷え』で【腎】の働きが低下気味。
多くの方が悩まされ、実際に冷えています。
冷えは寒く辛いだけではありません。
凝りや浮腫み、顔色などもですが、婦人科トラブルにも繋がります。
・月経不順
・月経痛
・月経量が多い
・不正出血
・泌尿器系のトラブル
・疲れやすい
・めまいなどなど

そして【黒】です。
黒色の食材が【腎】を補うと言われています。
特に黒豆は【腎】を労わる最強食材とも。
黒豆、小豆、緑豆などの豆類は、利尿作用や余分な水分の排出を助けてくれます。
他には?
ひじき、しいたけ、黒米、黒きくらげ、わかめ、昆布、青のり、ごま....

【腎】を養い、冷えを内側から改善するには温かいものを摂ること。
生姜、シナモン、ハチミツなどを飲み物にプラスしてみては?
甘味は寒い時期に必要ですが、【腎】の性質の方は甘味の取り過ぎは注意です。

黒豆茶、紅茶、シナモンチャイ、生姜茶、ココア、ほうじ茶、ハチミツレモン茶....
ゆっくり飲んで体を温めましょう。

冬は【黒】を意識してみましょう。
食べ物だけではなく、黒色や赤色(熱)の下着やインナーを身に付けるのもおすすめです。

お食事にちょっとだけ一味や七味、生姜や胡椒などの香辛料を足すだけでもぽかぽかに。
湯船にジンジャー、シナモン、ローズマリー、レモン、マージョラムなどの精油を入れるだけで ぽっかぽかです。

| | コメント (0)

2019年1月11日 (金)

メニエール病にもアロマを



昨年から、めまいや耳鳴り、聞こえなど、耳鼻科系の不調を言われる方が増えています。

メニエールの原因ははっきりとはわからないようですが、季節の変わり目、気候の変化などで起こりやすいと言われています。
疲労、ストレス、不眠、性格なども大きく関係しているはず。

耳鳴りや聞こえにくさ、めまいや吐き気などがある場合は、すぐに耳鼻科受診を。

病的なことは専門医に任せるのが1番ですが、アロマセラピーとストレスは切り離せません。
そしてもう1つ、メニエールの原因として【リンパ液】があります。
精油は香りでリラックスするだけではなく、リンパ液鬱滞除去作用や利尿作用、血流促進作用に役立つものも数種類あります。

アロマセラピーを用いて、血液の流れをよくしよう!
溜まっているリンパ液の流れをスムーズにしよう!
とにかく代謝を上げよう!
嫌な耳鳴りやめまいは、耳まわりや内耳付近(耳の中)の血液循環が大切?

アロマセラピーは医療行為ではありません。
が、鎮静作用や保湿作用、免疫調整作用など、たくさんの〇〇作用と言うものがあります。
体の痛みや凝りに向いているもの、ニキビや肌荒れや美肌に向いているもの、そして耳鼻科系に役立つ精油もたくさんあります。

耳鳴りも『ジー』『キーン』『ジジジジ...』などあり、めまいの種類や強さ、回数、凝りや疲れの状態は人それぞれ。
何より、性格やストレス度、香りの好みはお一人お一人異なります。

めまいや耳鳴りに限らず、生活にアロマセラピーを上手に取り入れ、香り(精油)がたくさんの人のお役に立つよう....

医療関係者が目にすると怒るかな?
なるべくお薬は飲まないほうがいい。
早めに飲んで抑える薬は別。
ステロイドは飲まないほうがいい。
飲まないですむなら飲まないほうがいい。
あっ。個人的な勝手な意見です。

耳鼻科症状は、受診するのが最も早いですが、日々、意識することのほうが大切です。
・睡眠不足にならずにぐっすり寝る
・ストレスを溜めない
・凝りや疲れを溜めない
・几帳面や神経質ならほんの少し忘れる
など

耳周りの水の流れをよくしよう。
耳周りに溜まってものを上手に流そう。
焦らず、耳鳴りと友達になってうまくやっていこう。

昨年、めまいや耳の聞こえ、耳鳴りなどで定期的に通われていたお客様。
トリートメント中はいつも『静か....流れてくる音楽がいい』『静かな世界はいいね』と。
トリートメント中、トリートメント後の数時間、耳鳴りが消えているそう。
この方に合うブレンドオイルを作り、入浴中or入浴後に耳周り〜鎖骨付近のマッサージをアドバイス。

長年、メニエール病を発症させている友人。
『いつものアロマオイルおかわりできる?』と(笑)
アロマオイルで耳周り、首や鎖骨をマッサージすると耳鳴りやめまいが消えている。
匂いでイライラしない。
と。
彼女には、首〜耳、腹部〜心臓あたりに塗るよう伝えています。

メニエール病は、早期発見!
何より早期受診と早期治療が最もベストです。
が、アロマセラピーもほんの少し役立つと思います。
いや?たくさんかな?

【昨日の嬉しいお話】
常連さんから電話が...
健康診断で〇〇が高かった。
なるべく薬は飲みたくないからアロマでどうにかなる?
アロマを先にしたい。
と。
この方にはまず受診をおすすめし、後日、アロマオイルを作成することに。
嬉しいなぁ〜

別の常連さんからメールが....
職場ではちらほらインフルエンザや風邪が流行り始め。
毎日何回もアロマオイルで塗っているから、私は大丈夫!
アロマがないと生きていけない!
と。
嬉しいなぁ〜

さっ。今日はどの精油をブレンドしようかな。
メニエール病もなんでも体質改善かな。
疲れたり、神経質になるようなら、ゆっくり息を吐いて、肩の力を抜いて、空を見上げる!





| | コメント (0)

2019年1月 8日 (火)

1日3粒のなつめパワー


年末年始の疲れは取れましたか?
胃や体は重くありませんか?
体が冷えていませんか?

お年始の仕事はじめからイライラされている方。
そんな時は、『お茶』を一杯どうぞ。
ストレスでイライラ→肝(肝臓は怒り)→緑茶でホッと一息つく。
疲れている時や弱っている時こそ 一息つきましょう。

神経が高ぶりイライラしていませんか?
神経質になっていませんか?
そんな時は『なつめ』をお1つどうぞ。

なつめは、漢方薬の重要な材料の1つです。
・胃腸の調整
・血を補う(貧血)
・心の安定
・体を温める(冷え)
・便秘
・むくみ解消
・更年期症状の緩和
など

『女性の元気は1日3粒のなつめを』
『1日3粒食べれば老いない』
と、中国では言われるほどだそうです。

漢方薬の先生が言われていましたが、胃腸を傷つけやすい薬から胃を守るために漢方薬に配合したりする。と。

なかなか立派な なつめです。

疲れやすい方。
めまい持ちの方。
冷え性で風邪をひきやすい方。
イライラしやすい方。
不規則な生活の方。
むくみやすい方。
お肌のトラブルが出やすい方。

なつめパワーをどうぞ。

| | コメント (0)